FRBのQE3(量的緩和第3弾)決定にて思うこと

今日2012.9.14 FRBがQE3(量的緩和第3弾)を決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

これはアメリカの資産をFRB(アメリカ中央銀行)が自ら買上げ景気後退を阻止し、無理やり軽いバブルを作り上げるという政策である。

言い方を変えると、デフレを阻止し、軽いインフレを作り出すという政策である。

先日ECB(ヨーロッパ中央銀行)も量的緩和を実施しているようです。

 

ほんとにこれで景気が良くなるのでしょうか?

答えはNOだと思います。

 

会社もそうですが、売上を増やせば会社は大きくなり成長しているように見えます。 しかし大きくなり成長することに何の意味があるのでしょうか?

やはりお客様が本当に喜んでくれるサービスを提供し、その対価として

お金をもらい、会社は利益を出し、成長し売上を伸ばして行くことに意味があるのではないでしょうか?

やはり現場に答えがあり、本当にお客様が喜んでくれるサービスを目指さなければなりません。

 

 

 

今当社は売上が伸びている状態ではありますが、現場の品質を向上し、お客様、従業員が本当に喜べる環境を作らなければならないのです。

 

 

 

QE3は楽して成長できる、劇薬です。

人間楽に生きて行きたいものです。QE3で喜んだ人は沢山いると思います。

景気が良くなればやはり会社も少しは潤います。

僕も正直QE3は嬉しいです。

でも本当はこれで喜んではいけないのです。

 

現場に答えはあるんですよ。

 

 

 

 

 

『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!!』

※ファイナル観たい。でも子供がいてみれん、、、

なんて上の人が言えたらほんとに良くなるんでしょうね。

 

きっとバーナンキ(FRB)もドラギ(ECB)も自分の役割を全うしただけで、現場に期待していると思います。  だといいのですが、、、

要はひとりひとりが各自の役割をしっかり全うすることが重要ですね。

日本は日銀金融政策決定会合(9.18~19)があるようなので

どのように日本は対処するのか見ものです。

 

 

 

 

 

 

 

僕もより良い会社を作るために努力していきたいと思います。

 

みなさんも現場を大切にしましょう。

 

※バーナンキはQE4、QE5も考えているようです、、、やりすぎじゃね~か、、、

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。