FRBのQE3(量的緩和第3弾)決定にて思うこと

今日2012.9.14 FRBがQE3(量的緩和第3弾)を決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

これはアメリカの資産をFRB(アメリカ中央銀行)が自ら買上げ景気後退を阻止し、無理やり軽いバブルを作り上げるという政策である。

言い方を変えると、デフレを阻止し、軽いインフレを作り出すという政策である。

先日ECB(ヨーロッパ中央銀行)も量的緩和を実施しているようです。

 

ほんとにこれで景気が良くなるのでしょうか?

答えはNOだと思います。

 

会社もそうですが、売上を増やせば会社は大きくなり成長しているように見えます。 しかし大きくなり成長することに何の意味があるのでしょうか?

やはりお客様が本当に喜んでくれるサービスを提供し、その対価として

お金をもらい、会社は利益を出し、成長し売上を伸ばして行くことに意味があるのではないでしょうか?

やはり現場に答えがあり、本当にお客様が喜んでくれるサービスを目指さなければなりません。

 

 

 

今当社は売上が伸びている状態ではありますが、現場の品質を向上し、お客様、従業員が本当に喜べる環境を作らなければならないのです。

 

 

 

QE3は楽して成長できる、劇薬です。

人間楽に生きて行きたいものです。QE3で喜んだ人は沢山いると思います。

景気が良くなればやはり会社も少しは潤います。

僕も正直QE3は嬉しいです。

でも本当はこれで喜んではいけないのです。

 

現場に答えはあるんですよ。

 

 

 

 

 

『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!!』

※ファイナル観たい。でも子供がいてみれん、、、

なんて上の人が言えたらほんとに良くなるんでしょうね。

 

きっとバーナンキ(FRB)もドラギ(ECB)も自分の役割を全うしただけで、現場に期待していると思います。  だといいのですが、、、

要はひとりひとりが各自の役割をしっかり全うすることが重要ですね。

日本は日銀金融政策決定会合(9.18~19)があるようなので

どのように日本は対処するのか見ものです。

 

 

 

 

 

 

 

僕もより良い会社を作るために努力していきたいと思います。

 

みなさんも現場を大切にしましょう。

 

※バーナンキはQE4、QE5も考えているようです、、、やりすぎじゃね~か、、、

 

 

 

 

 

 

潜在意識とKY活動

今日は潜在意識について触れてみたいと思います。

とりあえず解明されていないこともあるようなので
気を楽にして読んでみてください。

 

みなさんは、何もしなくていい日の朝、目が覚めたら何しますか?

 

あくびしますか? テレビのリモコン取りますか? 携帯見ますか? 
鼻くそぼじりますか? もう一度寝ますか? まさか朝からエロ本手にしますか?笑  

 

人それぞれですね。 

でもなんで人それぞれなんだろうか? 
疑問に思ったことありますか?

 

疑問に思うか、思わないか
それすら人それぞれでしょうね。

 

 

 

なんで人それぞれなのか?

その答えは意識です。

 

 

 

 

 

 

 

その意識にはどうやら2種類あるようです。   顕在意識、潜在意識 です。

顕在意識とは 意識できるもの
潜在意識とは 意識していないもの(無意識)

 

 

 

無意識ってなんだろ???

気になりますか?       ※気にならない人もいると思うけど、、、

 

 

意識を 図にすると、こんな感じのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潜在意識(無意識)は意識の中で大部分を占めているんです。
しかも氷山で例えると、こんなに隠された部分のようです。

 

潜在意識の中にも、種類があるようです。

個人的潜在意識
 生まれてから現在に至るまでの個人的な経験から構成された無意識
集合的潜在意識
 個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域

 

つまり、何もしなくていい日の朝
人類共通意識と過去の経験からひらめき(無意識)を得て、何をするか決めているんです。

エロ本もまんざら間違えではなさそうですね。笑
子孫を残すという人類共通の意識から行動しているんですからね。
でもエロ本じゃ~子孫残せないけど、、、

 

 潜在意識をもっと探ると、心臓が動いている事、髪の毛が生える事、眠くなる事、呼吸をする事、歩く事、これも潜在意識(無意識)です。

 

これ意識できたら怖いですね。  寝てる時も心臓動かさなきゃって考えたくないですよね。

 

大丈夫です。

ほぼ動かすことは不可能でしょうから。

 

 

でも他の潜在意識の一部は動かせるようです。

 

 

そのひとつがKY活動です。

 

 

 

 

 

 

KY活動は毎日トレーニングすることで
現場で危険を予知する癖をつけることです。

癖=潜在意識

 

KY活動は驚くほどの結果が出ているようです。

 

 

当社ではKY活動を導入していきます。

建設業では当たり前ですが
掃除屋ではあまり導入していないのが現状のようです。

 

 

 

少し話はそれますが
僕が思うにスポーツ選手や天才達はもともと埋め込まれていた潜在意識(無意識)が少し違うと思います。 

 

 

交通事故の時に車の下敷きになっている子供を助けようと、男性が一人で車を持ち上げた例があるようです。これは火事場の馬鹿力と言われていますが、本当はもともと持っている能力のようです。

 

でもこの力を毎回使っていると、体が壊れたり、エネルギーを使いすぎて、うまくいかないので潜在意識として眠らせている。

 

 

つまり、スポーツ選手や天才達はもともと潜在意識が少しずれていて、普通より身体能力が高いラッキーな人達なんではないかと思うのです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

努力できることが才能  って松井選手が言っていました。  

 

努力できること才能潜在意識に埋め込まれていた??      

 

 

スポーツ選手や天才達ほどは無理だとしても
潜在意識を少しだけ動かせるようなので、使ってみたいですよね。

 

 

 

あなたは潜在意識、使いたいですか???

 

 

 

僕が好きな本は、シークレット、マーフィー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清掃作業従事者研修指導者講習会

講習会に参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は清掃作業従事者研修指導者講習会です。

建築物における衛生的環境の確保に関する法律で
事業の登録というものがあります。

清掃、空気環境測定、ダクト、水質検査、貯水槽、排水管、防除、特定建築物

第1号~第8号まであります。

当社では1号、5号を登録しています。

1号では『1年に1回以上、清掃従事者が研修を受けなければならない』
とされているので、講習会又は清掃作業従事者研修指導者の講習を受けなければなりません。

この清掃作業従事者研修指導者になるための講習会が今回の講習会です。

従事者?研修?指導者?  訳わからんって感じですね。

でもお客様にしっかりとしたサービスを提供するためにやるんです。
やらなきゃならんのです。 

 

やはりこの講習会でもKY活動が重要だと言っていました。

それにしても何でこのKY活動が重要なのか?

 

どうやらそれは ≪潜在意識≫ に秘密が隠されているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潜在意識についてはまた今度触れていきたいと思います。

 

 

今期の当社の目標は更なる品質の向上です。

貯水槽清掃作業従事者研修会

講習会に参加しました。

今回は建築物飲料水貯水槽清掃作業従事者研修会です。

当社では飲料水を貯めるタンクを掃除しています。

レベルUPのために参加しました。 ※貯水槽清掃業登録にも必要

プログラムはこんな感じです。   

 

 

文字が小さくて
見えませんね。

感じだけでも

 

 

 

 

 

今期の当社の目標は
更なる品質向上です。

 講習会の予定

・KYT(危険予知訓練)、KYK(危険予知活動) 1月31日
・清掃作業従事者研修指導者講習会 2月13日

 

メリークリスマス

クリスマスに仕事してます。

掃除屋なので年末忙しいです。

当社は30日まで営業しています。 正確には年中無休です。

クリスマスに会議があるという、、、営業メンバーの皆さま  

ごめんなさい。

 

 

個人的には嫁さんと娘には内緒でプレゼント買いました。

なんと109まで出向き、恥ずかしながら買いました。

何時に帰れるかな?  喜んでくれるかな?

笑顔を楽しみに、仕事して帰ります。

 

今年もあと1週間、ほんとお疲れ様ですね。

 

 

気を緩めず、あと1週間頑張りまっせ。  

 

とりあえず   メーリークリスマス  !!!

低電圧電気取扱業務研修特別教育

講習会に参加しました。

今回は低電圧電気取扱業務研修特別教育です。

当社では、貯水槽の清掃、建物設備点検等で
低電圧電気を取り扱うので、レベルUPのために参加しました。

研修プログラムはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今期の当社の目標は更なる品質向上です。

 

講習会の予定

・貯水槽従事者講習会 1月
・KYT(危険予知訓練)、KYK(危険予知活動) 1月~3月(未定)

 

 

お客様に喜ばれるサービスを目指します。

モラルハザード

会社で作業道具の紛失が起きています。

会社の悩みの一つかも知れませんね。

今期の会社の目標(計画)は更なる品質の向上です。

会社がうまく行っていると、事故クレームが起きても会社がなんとかしてくれるから、仕事が雑になってきたりする。

こんな現象が起きてしまうんです。

考えたことありますか?

 

実はこれモラルハザードが原因のひとつなんです。

 

モラル・ハザード(moral hazard)の本来の意味

規律の喪失、倫理観の欠如した状態のこと。
危険回避のための手段や仕組みを整備することにより、かえって人々の注意が散漫になり、危険や事故の発生確率が高まって規律が失われることを指す。

現代政治用語辞典「モラルハザード」より

つまり、保険の加入といった保障制度が整備されることでリスクに対する意識が薄くなり、かえって事故や危険の発生率が高まるということをいっており、単なる不道徳的な行為や倫理不足による行為を指すわけではない。

例えば、自動車保険の場合、保険に加入したことで安心感を覚え、危険な運転を行ってしまったり、医療保険の場合であれば、被保険者は自己負担額が軽いため些細な病気やケガで医療を受けたり、医師が診療報酬を増加させるため、患者に必要以上の薬を処方するといった行為などが挙げられる。

保険業界などでは、そのようなモラル・ハザードを防止するため、一定期間無事故であれば保険料を下げたり、保険金を支払いを行う場合においても、被保険者に何割かの金額を負担させるなど、「免責」や「等級」といったもの設け、被保険者へリスクに対する意識を持たせている。

http://www.job-getter.com ← ここからお借りしました。

 

会社はモラルハザードを防止しなけらばならないのです。

経営者にとって従業員の幸せのためにやっているのに
でも従業員に損失免責をつきつける。 

苦しい決断です。

 

経営者は時折、鬼にならなければいけないのです。

正直、鬱になります。

でもみんなのためであり、会社のためなんです。

 

はぁ~~  たまには息抜きしないとダメになりますね。

 

実はこのモラルハザード

また経済の話になりますが、ヨーロッパ危機でも同じなんです。

ECB(欧州中央銀行)はギリシャを助けられるけど、モラルハザードを防止するためにギリシャ、イタリア国債買取を否定している状態なんです。

つまりスーパーマリオ(ECB総裁)はわざと鬼になっているんです。

 

 

 

 

みんなのために鬼か~ なんなんだろ。 苦しいですね。

 

 

でもきっと   Waiting for a good future    !!   ですね。

 

 

 

鬱を解消するために来月バイロンベイに行きます。

 

 

 

いろんな影響を受けてきたいと思います。
そして   Have peace of mind      !!

 

 

 

 

 

誕生日

誕生日のお祝いをしていただきました。

正直めちゃくちゃ嬉しく
会社を経営していて何よりも救われる一時でした。

参加していただいた方には心よりお礼申し上げます。

これからもお客様に喜ばれる仕事を目指し、従業員とコミュニケーションを
大切にしていきたいと思います。

少しでも利益がでれば、従業員の方に日ごろの感謝の気持ちとして
旅行等をプレゼントしていきたいと思います。

 社員全員とハワイ旅行に行きたいな。

もし実現できたら幸せです。    

そのためにはさらなる品質の向上を目指したいと思います。

 

『思考は現実化する』

売上達成記念パーティー

今年度計画していた売り上げ目標を達成しました。

前年度のなんと35%もUPしました。

 

というわけで計画していた主要メンバーと売上達成記念パーティーを行いました。

ちょっと奮発してふぐ刺し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまい!

 

やっぱり目標、計画を立てることはホントに重要なんだなとあらためて認識しました。

『思考は現実化する』  ですからね。

 

来期もしっかり目標、計画を立てて素晴らしい1年にしたいと思います。

 

○○課長飲みすぎちゃダメよ。 飲んでも飲まれるな!

俺もか、、、

 

 

放射線量

放射線量について勉強してみました。

会社の仕事はどれだけ放射能を浴びているのか??
気になりますよね。
最近YouTubeでも大げさに取り上げられてたので。

毎日現場で活躍しているみんなのためにも。

ややこしいな放射線量、、、

福島第一原発の2011年3月15日11:00発表  

「400ミリシーベルト/毎時」

 

 頭痛くなりそうですが  ↓ ↓

致死線量(死に至る線量)
2シーベルト(2000ミリシーベルト)  →20人に1人が死に至る
4シーベルト(4000ミリシーベルト)  →2人に1人が死に至る
7シーベルト(7000ミリシーベルト)  →ほぼ死に至る
200ミリシーベルト以下の被ばくでは、急性の臨床的症状(急性放射線症)は認められないとされています。
※臨床的とは   医療・教育・カウンセリングその他の介入を行う「現場」、あるいは「現場を重視する立場」を指す。

ふぇ~~ 頭痛い、、、

つまり3月15日福島第一原発では5時間で20人に1人が死に至る。

1シーベルト=1000ミリシーベルト
1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト

YouTubeで大げさに扱っていた神奈川県の雨水菅の数値は

 

約0.5マイクロシーベルト/毎時

 

200ミリシーベルトに達するには 

なんと400,000時間 雨水菅に居続ける計算になります。
大丈夫じゃん。ひと安心  安心していいのかしら、、、

もうひと調べ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

原子力2005(放射線医学総合研究所調べ等による)

東京~ニューヨーク間  航空機で往復  →  200マイクロシーベルト
胸部CTスキャン                →  6900マイクロシーベルト
宇宙から                    →  390マイクロシーベルト
台地から                    →  480マイクロシーベルト
空気中のラドンから            →  1200マイクロシーベルト
ブラジル、ガラパリ年間         →  10000マイクロシーベルト
神奈川県 年間             →  800マイクロシーベルト
世界平均  年間            →  2400マイクロシーベルト
雨水菅    1時間          →  0.5マイクロシーベルト

 うちの仕事に置き換えると

排水管1日2時間(外部枡) ×24日×12カ月=576時間 

576時間×0.5マイクロシーベルト  =  288マイクロシーベルト

になります。

以上安心して働ける数値であることを確認しました。

政府が嘘ついてなければ、、、

 

社内で放射線量について勉強会を開催します。